忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ネットショップでリピートを増やすには、
サプライズが有効です。

要は、ユーザーの期待値を上回るサービスを提供して
ユーザーに感動してもらう、ショップのファンになってもらうことが
リピート率アップの秘訣です。

ネットショップのコンサルティングの現場では、
リピーター作り、リピート率アップは

ネットショップの利益増に必須の項目です。

新規顧客の獲得コストは
どの業界でもリピート顧客にくらべ高いもの

また、顧客リストがあれば
そこにメールを送信するコストは
ほとんど0に近くなるため

ネットショップでは、
顧客リストの獲得と管理は
優先しなければならない事項です。

ユーザーを感動させる秘訣は

ショップのほうで一手間かけること
手書きの送り状や、おまけのプレゼント
即日発送や、イレギュラー対応に快く応じる姿勢は
顧客を感動させます。


ネットショップはリピーターを作りましょう。







PR

2ステップのマーケティングとは、
最初から本命商品を顧客に売り込むのではなく、
最初はハードルの低い、単価の安い商品を購入してもらったり、無料の資料請求をした
ユーザーに対して、本命商品の販売を行う手法です。

リフォームの会社が
最初から高単価の前面改装を販売するのではなく、
雨どいや、壁のリフォームなどから販売しているような例を考えると
わかりやすいのではないでしょうか?

ネットショップでわかりやすい例は
健康食品や、化粧品会社のサンプルやトライアルセットです。

大手の健康食品会社は
無料、もしくは、無料に近い値段でサンプルを配送し、
そこからサンプル請求者に電話で営業をかけ
購入につなげる手法を採用しています。

電話営業と聞くとしり込みしてしまうショップオーナーもいるかもしれませんが
メールよりも電話のほうがコストはかかりますが成約率は高くなります。

健康食品の例はあくまで1例ですが、
どのジャンルのお店にも応用は出来ます。

どのジャンルのお店でも
一番大変なのは新規顧客の獲得です。

新規顧客を増やす施策として
本命の商品の購入に結びつくことが前提ですが、
顧客数を増やしやすい、購入の敷居の低いフロントエンドの商品と
購入者へのアプローチ方法を検討しましょう。

電話営業はコスト倒れになる場合もあるので
アプローチ方法として、手軽なのはメール配信です。





ネットショップを運営する上で

ページを増やす努力は必要です。

例えば・・・

ネットショップの中でページ数が10ページのお店

ネットショップの中でページ数が1000ページのお店


検索エンジンのロボットはどちらを評価するでしょうか?

答えは簡単です。

ネットショップの中でページ数が1000ページのお店です。

ホームページ内にどれだけのページが存在するかも

非常に重要なことなのです。

検索エンジンのロボットからどういう評価を受けるか?

検索エンジンの対策を行う上では

避けて通れないことです。

有料サービスばかりやっていても時に

スパム扱いを受けることもあります。


ページを増やす努力はいずれ検索エンジンからの評価も上がります。

例えば、

ウィキペディア



All Aboutオールアバウト

その代表です。

ページを増やす努力を惜しまないように運営していきましょう!


ネットショップをやる目的は人それぞれですが、
商売なので、基本儲けることが目的です。

最終的なゴールは儲けること=利益を出すこと

なのですが、最初から儲かることばかりでもありません


きちんと仕組みを理解した上で
最終的には儲けることが前提なのですが、
最初のスタートアップの段階では、

損して得とれの精神で
ことにのぞんだほうがうまくいくケースも多々あるものです。

ネットショップ開店初期の段階では、
設備投資や広告投資など、新規顧客獲得にある程度のコストがかかります。

初期のスタートアップコストを
念頭において、ネットショップ運営に取り組みましょう。



ネットショップ開業の際、
きちんと考えておかなければならないことは
開店後のページ更新を誰が行うか?です。


ネットショップを運営する場合、
商品の撮影、画像加工、説明文、キャッチコピーの容易
商品ページの作成、特集ページの作成、TOPページの編集など
ページの更新業務が発生します。


あたりまえと言えば当たり前なのですが、
この、ページ更新の部分を担当する人間が決まっていなかったり、
ページ更新の業務自体が発生する認識のないまま
ネットショップを始めてしまう会社も結構あるものです。


また、ページの更新自体は認識していたとしても
それ以外の、広告掲載や広告効果検証、SEO対策、ブログ更新
メールマガジン、顧客とのメール対応など

思っていた以上に仕事が多いなあというのは
誰しもが感じる部分です。

意外と開店後の作業が疎かで
売上を阻害している要因となっているケースも多く

ネット販売の売上が上がらない要因として、
売上をあげるための作業に割けるリソースがない
という場合も多々あります。

あなたのネットショップでは、
作業時間や更新作業のためのリソースはきちんと確保されていますか?
 


お店のコンセプトが不明確なまま
ショップを運営しても大きな成功は得られません。

ネットショップを開業する場合
まずは、コンセプトを決定しましょう!

コンセプトを決める場合に
ターゲットは誰なのか?何がお店の売りなのか?を
把握する必要があります。

扱う商品や、ユーザーの特性を理解した上で
ユーザーに対して提供できる価値を
きちんと理解しましょう。

お気に入り追加
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
高機能ショッピングカート
RSS



最新コメント
プロフィール
HN:
コンサルティング研究会
性別:
非公開
職業:
会長
ブログ内検索
初心者におすすめ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) ネットショップ コンサル All Rights Reserved